ほうれい線 消し方

5歳も若く見える?!ほうれい線の消し方を徹底紹介!

電車の窓に写った自分の顔のほうれい線を見て、ドキッとしたことはありませんか?
ほうれい線が深いと老け顔に、逆に深くなければ実年齢より若く見えたりもします。

 

早すぎると思わずに今からエイジング対策を始めれば10年後、20年後の肌は全然違ってきますよ!
ここでは毎日のケアに取り入れたい、ちょっとマニアックなほうれい線の“効く!!”オリジナルケアについてご紹介していきます。

 

 

STEP 1

洗顔後、化粧水の前にランコム ジェニフィックをブースターとしてつける
。このジェニフィックはかなりすごい美容液です。
1本使い切る頃には、「ちょっと顔だけやせた?」と聞かれることもあるぐらいの優秀コスメなんです!
こちらをしっかりつけたあと化粧水をつけます。
化粧水はランコム ヴィジョネアローション、THREE バランシングローションなどがおすすめです。

 

 

STEP 2

ほうれい線周りには美容液ではなくアイクリームを使って保湿する。
またこれも是非一度試してみてほしい方法なのですが、アイクリーム(美容液)をつける際、口の中に空気を入れ、
ほうれい線を風船のようにふくらませた状態にします。
そうすることで美容成分を奥まで浸み込ませるのです。ここで使用するのはLANCOME、ヴィジョネアアイゾーンセラム、インプレス アイエッセンスaなどがおすすめです。

 

その後、乳液やクリームの油分をつけてフタをします。最後にてのひらで軽くプレスをするといいでしょう。

 

“美は1日にしてならず”です。毎日のケアで未来の肌は輝いていきます。